RIZAPグループが2日連続ストップ安ウリ気配、今期赤字転落の嫌気売り続く◇

2018年11月16日 10時18分

 RIZAPグループ<2928.SP>が前日に続き大量の売りを浴び2日連続ストップ安ウリ気配。14日の取引終了後、19年3月期の最終損益は70億円の赤字(前期は92億5000万円の黒字)になる見通しだと発表した。従来予想の159億4000万円の黒字から一転、赤字に転落する。この赤字転落が嫌気され、個人投資家からの売りが殺到している。この1~2年でグループ傘下入りした企業の業績低迷が響いている。積極的なM&Aの実施による経営拡大路線は今後、抜本的な見直しが求められる見通しであり、ビジネスモデルの再構築が迫られている。市場では、RIZAPグループの株価がどこで下げ止まるかが関心を集めている。

 一方、MRKホールディングス<9980.T>、ワンダーコーポレーション<3344.T>、HAPiNS<7577.T>といった一部RIZAPグループ企業の株価は急反発している。前日は急落したものの、この日は今後のグループ再編に向けた思惑も膨らんでいるようだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<11月15日のストップ安銘柄>
<11月15日の十字足示現銘柄(買いシグナル)>
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にRIZAPグループ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
31日=シンガポール・日経平均先物寄り付き1万9085円(+405円)
2020年03月31日 08時36分
30日の主要国際商品市況 
2020年03月31日 08時24分
30日の米国主要株価指数終値
2020年03月31日 08時22分
30日の欧州主要株価指数終値
2020年03月31日 08時21分
30日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は690ドル高と反発
2020年03月31日 08時09分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン