ほぼ日---小幅高、相対的な底堅さが意識

2018年12月25日 09時34分

小幅高。米株安の流れから本日の日経平均は節目の2万円を割り込んでいる。同社株は
12月19日に5350円まで下落する場面もあったものの、直近の厳しい全体相場を踏まえれば、相対的な底堅さが意識されるだろう。週足の一目均衡表では、足元で雲下限を割り込む局面もみられたものの、基本的には同水準を中心とした推移。目先は25日線の奪還を試す展開へ。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「個別銘柄テクニカルショット」 のニュース一覧
コナミHD---シグナル転換が近づく
2020年04月07日 13時59分
トーセイ---ダブルボトム形成からのリバウンド意識
2020年04月07日 08時45分
新明和工---ダブルボトム形成によって改めてリバウンド試す
2020年04月07日 08時38分
アセンテック---先週末の陰線部分を吸収
2020年04月06日 12時42分
ニチレイ---上方シグナルは継続
2020年04月06日 09時46分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン