<動意株・25日>(前引け)=ピーエス三菱、オプトエレ、マリオン

2019年03月25日 11時38分

 ピーエス三菱<1871.T>=全般地合い悪に逆行し大幅続伸。プレストレストコンクリート使用工事に強みを持つ建設会社で足もとの業績は好調、22日取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を1080億円から1090億円(前期比5.1%減)へ、営業利益を68億円から76億円(同39.7%増)へ、最終利益を49億6000万円から70億円(同82.1%増)へ増額修正した。最終利益は従来予想に41%も上乗せされており、大きく好感された。また、年間配当も18円から32円に14円も増額しており、これもポジティブサプライズとなった。

 オプトエレクトロニクス<6664.T>=ストップ高カイ気配。同社は22日取引終了後に、19年11月期第1四半期(18年12月~19年2月)の連結決算を発表。営業利益は2億7300万円(前年同期比2.7倍)となり、通期計画3億5000万円に対する進捗率は78.0%に達した。売上高は19億8600万円(同6.6%増)で着地。日米で2次元スキャナ及びモジュールの売り上げが伸長したほか、利益面では売上原価や販管費の低減に努めたことが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

 マリオン<3494.T>=一時ストップ高。同社は22日、不動産特定共同事業法に係る許可申請(電子取引業務を含む)を行ったと発表。これによる新たな事業展開が期待されているようだ。この申請は、従来のサービスに加え、17年12月の不動産特定共同事業法の改正で可能になった電子取引を加えることで、「不動産」「IT」「金融」を組み合わせた新しい不動産証券化商品を組成し、ビジネスの拡大を目指すもの。同社は許可を取得次第、事業を開始する予定だとしている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
オプトエレはS高カイ気配、第1四半期営業益2.7倍で通期計画進捗率78%
マリオンは一時S高、不動産特定共同事業法に係る許可を申請
PS三菱がカイ気配スタート、最終利益は従来比4割増額し配当も大幅に上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
今週の決算発表予定 ニイタカ、日本オラクル、HISなど (9月23日~..
2020年09月20日 19時00分
今週の【新規公開(IPO)銘柄】 トヨクモ、まぐまぐなど
2020年09月20日 18時00分
今週の【重要イベント】全産業活動指数、米PMI、米新築住宅販売 (9月..
2020年09月20日 17時30分
来週の【重要イベント】全産業活動指数、米PMI、米新築住宅販売 (9月..
2020年09月19日 11時30分
米国市場データ NYダウは244ドル安と続落 (9月18日)
2020年09月19日 11時00分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン