梅の花が続伸、「さくら水産」運営会社を子会社化

2019年03月29日 13時11分

 梅の花<7604.T>が続伸している。28日の取引終了後、「海産物居酒屋さくら水産」を展開するテラケン(東京都江東区)の株式のうち58.0%を取得し、連結子会社化すると発表しており、これが好材料視されている。

 今回の株式取得は、購買や物流面でのシナジーを見込み、グループの事業基盤の拡大を図るのが狙い。取得価額は非開示としている。なお、19年4月期業績への影響は軽微としている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
システム情報は連日の上場来高値更新、大手企業向けシステム構築・更改案件が増加
前田工繊は大幅安、第2四半期累計業績は計画上振れ着地も材料出尽くし感強まる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ソレイジア、「SP-04」第3相臨床試験を早期締め切り
2020年04月06日 17時46分
ニトリHD、21年2月期業績は過去最高更新の見通し
2020年04月06日 17時23分
東名の2月中間期営業利益は計画上振れで着地
2020年04月06日 17時16分
エコーTDの20年2月期営業利益は計画上振れで着地
2020年04月06日 16時39分
トーセイの第1四半期営業利益は77%増、自社株買いも発表
2020年04月06日 16時18分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン