ゼビオHDの19年3月期業績は計画下振れで着地

2019年04月23日 15時39分

 ゼビオホールディングス<8281.T>がこの日の取引終了後、集計中の19年3月期の連結業績について、売上高が2339億1700万円から2316億9000万円(前期比1.2%減)へ、営業利益が85億500万円から56億6400万円(同48.1%減)へ、純利益が31億7300万円から17億3700万円(同59.1%減)へ下振れて着地したようだと発表した。

 国内小売り事業で、暖冬による冬物商品の売れ行きに陰りが出たことに加えて、販売価格を抑えることで想定を上回る滞留品の消化を促進したことで利益が減少したことが要因としている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
キヤノンMJの第1四半期は営業利益89%増
外為サマリー:111円90銭前後に値戻す、欧州勢の動向などに関心も
生化学の19年3月期業績は計画を上回って着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ストライクの第2四半期営業利益は6割増
2020年03月30日 18時18分
日ケミコンが希望退職者の募集を発表
2020年03月30日 18時12分
プロパテDBが17万株を上限とする自社株買いを発表
2020年03月30日 17時51分
ダイケンの20年2月期営業利益は上振れで着地
2020年03月30日 17時51分
ニューテックの20年2月期営業利益は計画上振れ
2020年03月30日 17時48分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン