大同信号が急反落、20年3月期は2ケタ営業減益見通し

2019年05月17日 11時18分

 大同信号<6743.T>が急反落している。16日の取引終了後に発表した20年3月期連結業績予想で、売上高235億円(前期比5.3%減)、営業利益18億円(同18.8%減)、純利益15億円(同16.1%減)と2ケタ減益を見込む。株価は10日に19年3月期業績予想の上方修正を受けて急上昇していただけに、失望感も大きいようだ。

 今期は、産業用機器関連事業は前期で横ばいを見込むものの、主力の鉄道信号関連事業が減収となる見通し。なお、19年3月期決算は、売上高248億900万円(前の期比16.6%増)、営業利益22億1600万円(同71.2%増)、純利益17億8600万円(前の期6億5400万円の赤字)だった。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
債券:先物、前場終値は前営業日比5銭安の152円78銭 
◎午前11時現在の値上がり値下がり銘柄数
相模ゴムが3日ぶり急反発、20年3月期の増収増益見通しを好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
北越コーポ、投資有価証券売却益の計上などで21年3月期純利益予想を上方..
2020年09月30日 17時26分
M&Aキャピ、20年9月期見通しを減収減益に下方修正
2020年09月30日 17時24分
オークワ、21年2月期営業を83%増益見通しに上方修正
2020年09月30日 16時55分
アクシスは2461円カイ気配で上場初日の取引を終える
2020年09月30日 15時07分
ヘッドウォは上場2日目もカイ気配で取引を終える
2020年09月30日 15時06分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン