ソフトバンクグループが続伸、ファーウェイ影響もいったん織り込み買い戻しの動き◇

2019年05月27日 13時08分

 ソフトバンクグループ<9984.T>は続伸。上げ幅こそ小さいが、根強い買いを集め売買代金は東証1部上場企業のなかで任天堂<7974.T>に次ぐ2位に入っている。1万円大台攻防だが徐々に買いが優勢となりつつある。市場では「米政府によるファーウェイへの輸出禁止措置が、ソフトバンクグループ傘下で英国企業であるアームにも影響を与えているが、ソフトバンクグループ業績への悪影響という点ではそれほど大きくはない。株価1万円大台を割り込んで更に売り込む材料としては力不足で、目先は実需の押し目買いというより売り方の買い戻しが利いている」(国内ネット証券)という。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反発、薄商いのなか上値も重い展開に
ログリーが後場急伸、4月売上高・売上総利益が予測値を上回る
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にビープラッツ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
本日の【自社株買い】銘柄 (25日大引け後 発表分)
2019年06月25日 19時20分
本日の【増資・売り出し】銘柄 (25日大引け後 発表分)
2019年06月25日 19時20分
本日の【東証1部に指定】銘柄 (25日大引け後発表分)
2019年06月25日 19時00分
明日の株式相場戦略=上値の重さと底堅さが共存する相場続く
2019年06月25日 17時40分
25日香港・ハンセン指数=終値28185.98(-327.02)
2019年06月25日 17時28分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン