日経平均は続伸、米休場と雇用統計待ちで売買低調

2019年07月05日 15時52分

日経平均は続伸。4日の米国市場は独立記念日の祝日のため休場で、本日の日経平均は手掛かり材料に乏しいなか1円高からスタートした。今晩発表が予定されている米6月雇用統計の内容を見極めたいとの思惑も強く、アジア市場も全般小動きだったため、寄り付き後の日経平均は方向感に乏しい展開となった。前場中ごろに一時
21647.73円(前日比54.72円安)まで下落したものの、後場はプラス圏で推移する場面が多く、この日の高値で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比43.93円高の21746.38円となった。東証1部の売買高は9億
3315万株、売買代金は1兆5525億円にとどまった。業種別では、海運業、小売業、精密機器が上昇率上位だった。一方、鉱業、電気・ガス業、パルプ・紙が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の56%、対して値下がり銘柄は39%となった。

個別では、任天堂<7974>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>などが小じっかり。第1四半期決算が市場予想を上回った7&iHD<3382>は3%超の上昇。一部証券会社のレーティング引き上げが観測された安川電<6506>も堅調ぶりが目立った。マニー<7730>やキユーピー<2809>、乃村工芸<9716>は決算が好感され、力の源HD<3561>やラウンドワン<4680>は6月の既存店売上高が好調で大きく上昇。
また、ダイジェット<6138>や富士興産<5009>、SMN<6185>はストップ高水準まで買われた。一方、売買代金トップのソフトバンクG<9984>が軟調で、ファーストリテ<9983>は小幅に下げた。レーティング引き下げ観測の楽天<4755>は3%の下落。決算発表銘柄ではクスリのアオキ<3549>などが売り優勢だった。中小型株では日本通信<9424>が利益確定売りに押され急反落し、日鋳鉄管<5612>などが東証1部下落率上位に顔を出した。



<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は3日ぶり反発、海外株の底堅さに安心感、海運や値がさ株が堅調
2021年09月17日 15時54分
日経平均は続落、中国恒大問題を懸念、売り一巡後下げ渋りも
2021年09月16日 15時53分
日経平均は反落、米株安受け過熱感冷ます展開も底堅い
2021年09月15日 16時16分
日経平均は反落、米株安受け過熱感冷ます展開も底堅い
2021年09月15日 16時00分
日経平均は3日続伸、7カ月ぶり年初来高値、急失速する場面も
2021年09月14日 15時53分
もっと見る
News
現在の東証市場
後場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
PR