オンリー---急落、配当・株主優待権利落ちで手仕舞い売り優勢

2019年08月29日 15時02分

オンリー<3376>は急落。8月末の配当・株主優待権利落ちとなり、手仕舞い売りの動きが先行している。同社は8月末一括配当銘柄で、35円の配当を計画している。前日終値ベースでの配当利回りは3.9%の水準である。加えて、株主優待として年1回、100株以上の株主には20%割引となる株主優待券2枚を贈呈している。同社のほか、サンヨーハウジング名古屋<8904>、SFPHD<3198>、ナガイレーベン<7447>、コジマ<7513>なども権利落ちの影響で下落率上位に。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
ノムラシステム Research Memo(3):配当性向40%以上で..
2020年04月06日 17時03分
ノムラシステム Research Memo(2):後継製品にリプレイス..
2020年04月06日 16時58分
ノムラシステム Research Memo(1):2020年12月期見..
2020年04月06日 16時56分
日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅続伸、ソフトバンクG..
2020年04月06日 16時56分
【M&A速報:2020/04/06(2)】カクヤス<7686>、福岡県..
2020年04月06日 16時44分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン