大豊工業---急落、四半期報告書提出遅延で監理銘柄に指定

2019年09月18日 11時25分

大豊工業<6470>は急落で下落率トップ。第1四半期の決算報告書を期日の17日までに提出できなくなったと発表している。これを受けて東証では、同社株を監理銘柄(確認中)に指定した。不適切な会計処理の疑いがある米子会社で、有形固定資産の減損損失など追加の調査が必要になったことが背景。期限を30日に再延長するが、30日までに提出できない場合は、整理ポストを経て上場廃止となる見通し。先行き不透明感から処分売りの動きが強まる形に。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比140円高の219..
2020年06月01日 08時27分
神戸物産---全国の子ども食堂に、食品や子ども用マスクを寄贈
2020年06月01日 08時10分
前日に動いた銘柄 part2 高田工業所、プレシジョン・システム・サイ..
2020年06月01日 07時32分
前日に動いた銘柄 part1 TOWA、大幸薬品、凸版印刷など
2020年06月01日 07時15分
前日に動いた銘柄 part2 高田工業所、プレシジョン・システム・サイ..
2020年05月30日 07時32分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
前場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン