20日の株式相場見通し=方向感に欠ける展開も、米中協議に警戒感

2019年09月20日 08時23分

20日の東京株式市場は、一進一退で方向感に欠ける展開か。前日の米国市場はNYダウが反落したものの、ナスダックは上昇とまちまち状態。為替相場も1ドル=108円00銭前後で推移しており横ばい圏となっている。米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合というビッグイベントを通過したものの、今後に関しては依然として様子見姿勢が強い。特に、米中協議が難航しているとの報道も出るなか、上値では利益確定売りも予想される。ただ、下値には買い戻しが流入しており、下げがあっても限定的となりそうだ。こうしたなか、個別株物色の流れが強まるとみられる。

 18日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比52ドル29セント安の2万7094ドル79セントと3日ぶりに反落。ナスダック総合株価指数は、同5.487ポイント高の8182.879と反発した。

 日程面では、ギフティ<4449.T>がマザーズ市場に株式上場する。任天堂<7974.T>は新型ゲーム機「Nintendo Switch Lite」をきょう発売する。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=一時300円近辺の上昇、NYダウ続伸を好感し買い優勢
明日の主なマーケットイベント
東京株式(大引け)=83円高と反発、日銀会合後に上昇幅は縮小


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
本日の【株主優待】情報 (5日 発表分)
2020年06月05日 19時50分
本日の【自社株買い】銘柄 (5日大引け後 発表分)
2020年06月05日 19時39分
来週の株式相場戦略=需給相場の行方注視、3月急落場面と真逆の展開か
2020年06月05日 17時56分
5日香港・ハンセン指数=終値24770.41(+404.11)
2020年06月05日 17時50分
5日中国・上海総合指数=終値2930.7993(+11.5487)
2020年06月05日 17時02分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン