ウイルプラスH Research Memo(6): 3つの成長戦略で中長期的成長の実現を目指す

2019年09月26日 15時46分

■中長期の成長戦略と進捗状況

1. 成長戦略の概要
ウイルプラスホールディングス<3538>は、持続的成長の実現に向けて、1)マルチブランド戦略、2)ドミナント戦略、3)M&A戦略の3つの成長戦略を軸に取り組んでいる。この点は従来から一貫している。その詳細内容や同社の戦略の強みについては2019年3月27日付前回レポートで詳述したので、以下には概要だけを述べる。

マルチブランド戦略とは、複数のブランドを取り扱うことで各ブランドの新モデル投入とモデル末期による収益変動を平準化し、安定成長の実現を目指す戦略を言う。

ドミナント戦略は、特定の地域に店舗を集中的に出店する戦略を言う。しかしこれは1店舗当たりの商圏が大きく、エリアフランチャイズ制がある輸入車ディーラーでは簡単ではない。同社はマルチブランド戦略と組み合わせ、複数のブランドをまたいだ同社グループとしてドミナントを実現している。現状は福岡エリアと東京・神奈川エリアでドミナント出店を果たし、顧客への面でのフォローや人材の流動化・最適配置といった点で効果を挙げている。

M&A戦略とは、業容拡大のための手段としてM&A(店舗や事業の譲受)を積極的に活用することを言う。業容とは、新エリアへの進出や新たな取扱ブランドの獲得(マルチブランド戦略の推進)、店舗数の拡大などを言う。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
大木ヘルスケアホールディングス---多様な消費者ニーズを掘り起こす医薬..
2020年04月08日 08時35分
デジタル・インフォメーション・テクノロジー ~社長の横顔~
2020年04月08日 08時20分
ADR日本株ランキング~トヨタなど全般小じっかり、シカゴは大阪比175..
2020年04月08日 07時50分
前日に動いた銘柄 part2 ニトリホールディングス、ANAホールディ..
2020年04月08日 07時32分
前日に動いた銘柄 part1 イメージワン、システム情報、オープンハウ..
2020年04月08日 07時15分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
前場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン