ティーライフ Research Memo(3):豊かで潤いのある生活をサポートする企業グループ

2019年10月03日 15時03分

■ティーライフ<3172>のグループの概要

同社グループは、通信販売及び卸売販売を通じて、健康、美容、生活関連商品を提供し、顧客の豊かで潤いのある生活をサポートしている。

(1) 同社
ダイエットプーアール茶、ルイボスティー等の健康茶の他、サプリメント等の健康食品、美容雑貨、基礎化粧品等を柱として、カタログ、Webサイトによる通信販売を展開している。

(2) アペックス
生活雑貨や食品等を国内外のメーカーから仕入れ、主にテレビショッピングやカタログ販売などを展開する通信販売会社に販売する卸売事業を展開している。主な商品である寝具は、福祉大国デンマークにて1918年に創立された老舗医療寝具メーカーであるラーセン・プロダクション社の寝具ブランド「ダンフィル」を取り扱う。

(3) ダイカイ
天然素材を使用したバッグ、スリッパ、収納小物などの生活雑貨を国内の小売店・雑貨店に販売する卸売事業を展開。1971年の創業以来、中国から仕入を行ってきた実績を持ち、現地仕入先と太い信頼関係を築いている。

(4) Lifeit
小売事業として複数のセレクトショップ通信販売サイトを運営。ベビー用品、キッズ家具、インテリア・ペット雑貨、メンズバッグ、ガーデン用品、ビーズ及び関連商品、オリジナルジュエリー、ドリンク・フード等のショップを展開。また、長年にわたる通信販売サイト運営により、システムやインフラを確立、運営ノウハウをベースに各分野における事業基盤を構築している。

(5) 提來福股フン有限公司(台湾)
日本国内で累計200万個以上の販売をしている「メタボメ茶」を台湾にて「美達寶美茶」という商品名で通信販売している。

(6) 特莱芙(上海)貿易有限公司(中国)
2018年11月2日に設立。日本国内で累計200万個以上の販売をしているメタボメ茶を中国にて通信販売を行う。

(7) 袋井センター
57,129m2の敷地面積と62,429m2の延床面積を持つ同社グループの物流拠点。外部の通信販売会社などの物流受託を行う3PL事業や外部の物流会社などへスペース貸しを行う賃貸事業を展開している。

(8) 掛川センター
106,759 m2の敷地面積と29,191m2の延床面積を持つ同社グループの事業所。プロパティ事業の拡大や同社グループの物流拠点の統合も視野に2019年9月に取得した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬智一)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
ビーネックスグループ---2Q増収、技術系領域が引き続き順調に推移
2020年02月18日 17時47分
【M&A速報:2020/02/18(2)】清水銀行<8364>、SBI..
2020年02月18日 17時11分
日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は4日続落、ソフトバンクG..
2020年02月18日 17時08分
アウトソーシング---19年12月期は10期連続で売上収益の過去最高を..
2020年02月18日 17時01分
新興市場銘柄ダイジェスト:ハウテレビジョンが大幅に反発、ギフトは大幅に..
2020年02月18日 16時47分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン