ティーライフ Research Memo(4):プロパティ事業の物流施設は高稼働状態

2019年10月03日 15時04分

■事業内容

ティーライフ<3172>のセグメントは、小売事業、卸売事業、プロパティ事業に分けられている。

小売事業においては健康茶、健康食品、化粧品などの通信販売となる。「ダイエットプーアール茶」、「メタボメ茶」等の主力商品に加え、「チョウ活宣言・活性フローラ」等のサプリメントやお茶の成分を使用した基礎化粧品「teatea」等、差別化された商品を手掛ける。また、第2類医薬品「防風通聖散」や機能性表示食品「ピント一番ゴールド」といったシニア向けの「医薬品・機能性表示食品」の品ぞろえを拡充している。酒類販売では、主力ヒット商品で圧倒的トップシェアの1つである「ルイボスティー」を使用した「南アフリカ産ワイン」を販売しており、抗酸化作用があるルイボスを使うことによる無添加のワインであり、健康酒となる。

卸売事業では寝具、雑貨、健康茶等の卸売となり、北欧ブランド「Danfill(ダンフィル)」の新デザインの寝具、ドイツブランド「Leschi(レッシー)」のウォーミングピロー等、顧客ニーズに対応した商品開発、商品パッケージの刷新等により、他社との差別化、ブランドの強化を推進している。

プロパティ事業においては、今後の業容拡大に対応できる物流拠点として、2015年3月に静岡県袋井市の物流施設を取得した。2015年8月に物流センター(袋井センター)を稼働しており、袋井センターを活用した不動産賃貸を行っている。2018年3月には新たに隣接する土地及び建物を取得し、さらに賃貸エリアを拡大した。袋井センターは東名高速道路の袋井ICから約2kmと好立地にあることで予想を上回る引き合いがあり、高稼働状態にある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬智一)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
前日に動いた銘柄 part2 グッドライフカンパニー、Amazia、ブ..
2020年02月22日 07時32分
前日に動いた銘柄 part1 ブイキューブ、テモナ、オープンハウスなど
2020年02月22日 07時15分
日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は3日ぶり反落、ファー..
2020年02月21日 17時06分
【M&A速報:2020/02/21(2)】サーバーワークス、デジタルプ..
2020年02月21日 17時00分
アクセスグループ・ホールディングス---1Q減収なるも、業績はほぼ想定..
2020年02月21日 16時45分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
  • 惟任日向守さんが楽 天の銘柄についてコメントしました。
    もうちょい!。 (1分前)
  • こそかわさんがピエトロの銘柄についてコメントしました。
    パラボリック陽転 ボリンジャー2シグマ トレンド上向き微妙 (20分前)
  • こそかわさんが川澄化の銘柄についてコメントしました。
    パラボリック陽転 トレンド上向き ボリンジャー2シグマ (25分前)
  • キューピーさんがSUMCOの銘柄についてコメントしました。
    買おうかと思ったけど今買ったら大損しそうなのでスルー (約1時間前)
  • はなたいらさんがMXS A180の銘柄についてコメントしました。
    4000億匹のバッタがインドから中国へ移動中、中国の農家に被... (約4時間前)
  • もっと見る