シーズメンが続落、販管費膨らみ8月中間期営業損益を赤字に下方修正

2019年10月04日 10時38分

 シーズメン<3083.T>が続落している。3日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(3~8月)単独業績について、営業損益が500万円の黒字から900万円の赤字へ、最終損益が1000万円の赤字から2600万円の赤字へ下振れて着地したようだと発表しており、これが嫌気されている。

 既存店売上高が前年同期比7.5%増と計画を上回ったことから、売上高は18億3000万円から18億5400万円へ上振れたが、手数料などで想定外の費用が発生し、販管費が膨らんだことが損益を悪化させたとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
不二越が3日続落、中国など海外向け減少し19年11月期業績予想を下方修正
<個人投資家の予想> 10月04日 10時
リネットJは4日ぶり反発、宅配便リサイクル事業で名古屋市と連携を開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ソレイジア、「SP-04」第3相臨床試験を早期締め切り
2020年04月06日 17時46分
ニトリHD、21年2月期業績は過去最高更新の見通し
2020年04月06日 17時23分
東名の2月中間期営業利益は計画上振れで着地
2020年04月06日 17時16分
エコーTDの20年2月期営業利益は計画上振れで着地
2020年04月06日 16時39分
トーセイの第1四半期営業利益は77%増、自社株買いも発表
2020年04月06日 16時18分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン