日経平均は1年ぶりに終値ベースで22600円を回復【クロージング】

2019年10月23日 16時03分

23日の日経平均は続伸。76.48円高の22625.38円(出来高概算11億8000万株)で取引を終えた。終値ベースで22600円を回復するのは、昨年10月22日以来、1年ぶりとなった。エーザイ<4523>の急伸を織り込む流れから先物主導で買いが先行し、22600円を回復して始まった日経平均は、その直後に22457.89円まで下押す局面もみられるなど、先物主導によるインデックス売買に振らされる展開となった。また、指数インパクトの大きいソフトバンクG<9984>が終日軟調だったほか、買いが先行したファーストリテ<9983>が下げに転じたことも重石になっている。しかし、TOPIX型の買いが断続的に入り全体を下支えする中、日経平均はじりじりと切り返す格好となり、後場半ばには22648.81円と、18日に付けたザラバ高値22649.85円に接近する局面もみられている。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1500を超えており、全体の7割を占めている。セクターでは、海運、医薬品、非鉄金属の上昇率が2%を超えたほか、鉱業、その他金融、陸運、証券、倉庫運輸、ゴム製品、機械が堅調。半面、精密機器、情報通信、石油石炭が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、エーザイが日経平均を約36円押し上げたほか、ダイキン<6367>、第一三共<4568>、アドバンテスト<6857>が堅調。一方で、東エレク<8035>、ソフトバンクG、ファーストリテが重石に。

米テキサス・インスツルメンツが予想を下回る見通し等を受けて時間外で急落したことが東エレクへの売りにつながったとみられている。ただし、テキサス・インスツルメンツの下落を織り込んだことから、SOX指数の動向も含めて、想定の範囲内での下げに留まるようであれば、アク抜けにつながる可能性はありそうだ。また、東エレクが弱い値動きをみせる一方で、他の半導体株への波及は限られており、東エレクに対しては利食いのタイミングとも言えそうである。村田製作所<6981>など足元でリバウンドを強めつつも、依然として出遅れ感がある銘柄へのシフトも意識されよう。

また、引け後に決算を予定していた日本電産<6594>はリバウンド基調が継続しており、9月高値に接近している。第2四半期の営業利益はコンセンサスを下回っているほか、通期計画の下方修正を発表している。アク抜け的な値動きを見せてくるようだと、今後本格化する決算に対してセンチメントを明るくさせよう。



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
NY外為:リスクオフ、米中対立や全米デモ拡大を警戒、ダウ先物70ドル安
2020年06月01日 22時17分
欧州為替:ドル・円は小じっかり、高値圏で売りを意識も
2020年06月01日 20時13分
欧州為替:ドル・円は小じっかり、ドル売り一服
2020年06月01日 19時08分
日経平均テクニカル:反発し2万2000円乗せ、6本連続陽線で200日線..
2020年06月01日 18時15分
欧州為替:ドル・円は軟調、米株式先物は弱含み
2020年06月01日 18時09分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン
  • ヤマンさんが三井不の銘柄についてコメントしました。
    20200601 (5分前)
  • MAXさんがナイガイの銘柄についてコメントしました。
    自粛明けでも百貨店向けはキツいかなぁ (37分前)
  • ブブ太郎さんがSAMURAIの銘柄についてコメントしました。
    113 (約1時間前)
  • mikiさんがサイバセキュリの銘柄についてコメントしました。
    一株を四株に分割 (約2時間前)
  • abashisumさんがレナウンの銘柄についてコメントしました。
    上場廃止後も売れるの?? (約2時間前)
  • もっと見る