マイクロニクス---急騰、新年度前半の業績回復見通しを好感へ

2019年11月15日 14時36分

マイクロニクス<6871>は急騰。前日に19年9月期の決算を発表している。営業利益は14.7億円で前年同期比54.1%減益、従来計画15億円並みの水準で着地した。7-9月期は前四半期比で5億円強の赤字拡大に。一方、20年12月期は15カ月の変則決算となるが、会社側では10-3月期の業績見通しを発表、営業利益は12億円を予想している。前下半期の営業損失8.3億円と比較して、想定以上の回復見通しと評価が先行しているようだ。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
アサヒ衛陶---上場廃止に係る猶予期間の解除を発表
2020年07月02日 18時43分
ベネ・ワン Research Memo(9):2021年3月期は、1株..
2020年07月02日 18時09分
ベネ・ワン Research Memo(8):参加者にメリットをもたら..
2020年07月02日 18時08分
ベネ・ワン Research Memo(7):DXに対応するBPO事業..
2020年07月02日 18時07分
ベネ・ワン Research Memo(6):2021年3月期は、前期..
2020年07月02日 18時06分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン