日経平均テクニカル:3日続落、終値は25日線上をキープ

2019年11月21日 18時15分

21日の日経平均は3営業日続落した。ザラ場で節目の23000円を下回ったが、終値は23000円台に復帰した。下降する5日線を上回る場面がなかった一方で、ローソク足は長い下ヒゲを伴う陰線を引き、終値は上向きの25日線上をキープし、下値での買い意欲の強さを窺わせた。一目均衡表では、転換線が下降する一方で基準線は上昇し、強弱感の対立を示した。ボリンジャーバンドでは、一時-1σを下回った後、終値は中心線上まで戻した。RSI(14日ベース)は54.69%(昨日54.05%)とほぼ横ばいで引け、もみ合い継続を示唆している。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
東証業種別ランキング:鉄鋼が上昇率トップ
2021年05月18日 15時38分
東京為替:ドル・円は小安い、日本株は上げ幅をやや縮小
2021年05月18日 15時14分
日経平均大引け:前日比582.01円高の28406.84円
2021年05月18日 15時10分
東京為替:1ドル109円10銭台、台湾の香港代表部の業務を一時停止
2021年05月18日 14時54分
日経平均は625円高、後場の値幅はここまで107円程度
2021年05月18日 14時41分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン