欧州為替:ドル・円は108円半ばでもみ合い、ドル売り・円売りの流れ

2019年11月21日 18時15分

欧州市場でドル・円は108円半ばでのもみ合い。欧州株式市場は主要指数が総じて弱含むほか、米株式先物は軟調地合いが続く。目先の欧米株安が警戒されるものの、米中貿易協議の進展期待からドル売り・円売りに振れているもよう。ドル・円はドル売りに押される反面、クロス円にサポートされ動きづらい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円45銭から108円60銭、ユーロ・円は120円17銭から120円30銭、ユーロ・ドルは1.1072ドルから1.1086ドルで推移した。




<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
【市場反応】米6月CPIが8年ぶり高水準、ドル買い
2020年07月14日 22時05分
欧州為替:ドル・円は高値圏、ユーロ・円は122円台
2020年07月14日 20時18分
欧州為替:ドル・円はじり高、ユーロは上値が重い
2020年07月14日 19時16分
日経平均テクニカル:反落、ローソク足「コマ」は気迷い反映
2020年07月14日 18時15分
欧州為替:ドル・円は伸び悩み、米株高観測でドル売り
2020年07月14日 18時02分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン