東京株式(前引け)=反発で高値圏着地、中国景気減速懸念の後退で買い優勢

2019年12月02日 11時47分

 2日前引けの日経平均株価は前営業日比257円97銭高の2万3551円88銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は4億5148万株、売買代金概算は7933億7000万円。値上がり銘柄数は1507、対して値下がり銘柄数は543、変わらずは104銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は買い優勢の展開となり、日経平均は寄り後も買いが続き心理的フシ目の2万3500円台に浮上、その後も目先筋の戻り売りをこなし、前場のほぼ高値圏で着地した。米中貿易協議の先行きに対する警戒感はあるものの、直近発表された中国の経済指標が堅調だったことを受け、リスクを取る動きが強まった。東証1部全体の7割の銘柄が上昇したが、売買代金は8000億円を下回るなど低調だった。

 個別では任天堂<7974.T>が売買代金トップで上昇したほか、ファーストリテイリング<9983.T>も高い。村田製作所<6981.T>、太陽誘電<6976.T>、キーエンス<6861.T>なども買われた。ダブル・スコープ<6619.T>が値を飛ばし、大研医器<7775.T>はストップ高となった。半面、アドバンテスト<6857.T>が冴えず、スズキ<7269.T>も軟調。トリケミカル研究所<4369.T>は値下がり率トップに売られた。ファルテック<7215.T>も大きく利食われた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
トリケミカルが一時10%安、第3四半期業績モメンタムの悪化を嫌気
大研医器が急反発、同族企業が狙い目と紹介される
東京株式(寄り付き)=買い優勢、先物主導で不安定な動きも


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
来週の【重要イベント】4-6月期GDP、機械受注、消費者物価 (8月1..
2020年08月15日 11時30分
米国市場データ NYダウは34ドル高と反発 (8月14日)
2020年08月15日 11時00分
来週の【新規公開(IPO)銘柄】 ニューラル
2020年08月15日 10時30分
シカゴ日経平均先物 大取終値比 140円安 (8月14日)
2020年08月15日 10時15分
週間ランキング【業種別 騰落率】 (8月14日)
2020年08月15日 08時30分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • daiyamさんがペプチドの銘柄についてコメントしました。
    目標5360 (約2時間前)
  • daiyamさんがPKSHAの銘柄についてコメントしました。
    目標4030 (約2時間前)
  • ガッキーさんがジェクシードの銘柄についてコメントしました。
    itで安いやつ。かなりギャンブル。 (約3時間前)
  • ガッキーさんがぐるなびの銘柄についてコメントしました。
    初購入。分からないけど、20万ほど。 (約4時間前)
  • にゃんさんがファーストリテイの銘柄についてコメントしました。
    ユニクロ応援します (約4時間前)
  • もっと見る