フジコーポの19年10月期業績は計画上振れで着地

2019年12月06日 16時29分

 フジ・コーポレーション<7605.T>がこの日の取引終了後、集計中の19年10月期単独業績について、売上高が335億円から351億6000万円(前の期比7.2%増)へ、営業利益が28億3500万円から35億7000万円(同27.5%増)へ、純利益が20億円から26億円(同31.1%増)へ上振れて着地したようだと発表した。

 8、9月のタイヤ値上げと10月の消費税増税に伴う駆け込み需要などにより、第4四半期の業績が好調に推移したことが業績を押し上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
シュッピンの11月売上高は2カ月連続で前年割れ
あすか薬などがAMEDの医療研究開発革新基盤創成事業に採択
6日韓国・KOSPI=終値2081.85(+21.11)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
パーソルHD、第1四半期営業利益は9%減に上振れ着地
2020年08月12日 17時38分
妙徳が20年12月期利益予想を増額修正、販管費の減少など寄与
2020年08月12日 17時10分
ニューラルの公開価格は900円に決定、8月20日マザーズ市場に新規上場
2020年08月12日 16時09分
大幸薬品が20年12月期業績予想を上方修正
2020年08月12日 16時06分
住友林が20年12月期業績予想を上方修正
2020年08月12日 15時46分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン