フジコーポの19年10月期業績は計画上振れで着地

2019年12月06日 16時29分

 フジ・コーポレーション<7605.T>がこの日の取引終了後、集計中の19年10月期単独業績について、売上高が335億円から351億6000万円(前の期比7.2%増)へ、営業利益が28億3500万円から35億7000万円(同27.5%増)へ、純利益が20億円から26億円(同31.1%増)へ上振れて着地したようだと発表した。

 8、9月のタイヤ値上げと10月の消費税増税に伴う駆け込み需要などにより、第4四半期の業績が好調に推移したことが業績を押し上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
シュッピンの11月売上高は2カ月連続で前年割れ
あすか薬などがAMEDの医療研究開発革新基盤創成事業に採択
6日韓国・KOSPI=終値2081.85(+21.11)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ロコンドが大幅続伸、100%子会社を吸収合併
2020年01月20日 14時40分
DOWAが続伸、国内有力証券が投資判断を引き上げ
2020年01月20日 14時36分
アクセスHDが反発、100%子会社同士の合併でグループ経営効率化に期待
2020年01月20日 14時28分
ダイセルが3日続伸、国内有力証券が目標株価を引き上げ
2020年01月20日 14時19分
レオパレス21が大幅続伸、レノによる臨時株主総会の招集請求に反対を表明..
2020年01月20日 14時01分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン