ビヨンド・ミートを対象とするコールが前日比3倍の大幅上昇(10日10:00時点のeワラント取引動向)

2020年01月10日 10時32分

新規買いは原資産の株価上昇が目立つ富士フイルムホールディングス<4901>プット60回 4月 5,000円を逆張り、コマツ<6301>コール168回 4月 2,900円を順張り、安川電機<6506>コール71回 2月 4,600円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つファーストリテイリング<9983>コール274回 5月 78,000円を逆張り、ファーストリテイリングプット221回 2月 54,000円を順張り、サイバーエージェント<4751>コール118回 2月 4,400円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはファーストリテイリングプット221回 2月 54,000円、トプコン<7732>コール34回 3月 1,500円、コーセー<4922>コール22回 3月 21,500円、花王<4452>コール22回 2月 8,000円、マツダ<7261>コール75回 3月 1,100円などが見られる。

上昇率上位はビヨンド・ミートコール4回 2月 150米ドル(前日比3倍)、ビヨンド・ミートコール6回 3月 140米ドル(前日比2倍)、ビヨンド・ミートコール7回 3月 172米ドル(前日比2倍)、トプコンコール34回 3月 1,500円(+85.7%)、ビヨンド・ミートコール9回 5月 120米ドル(+63.3%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 経済総合」 のニュース一覧
NYの視点:米3月ダラス連銀製造業活動指数は‐70、今後も驚異的な結果..
2020年03月31日 07時35分
原油価格は強気にも弱気にも見られにくい状況か サンワード貿易の松永氏(..
2020年03月30日 15時26分
新型コロナウイルスの「両面作戦」は中国に「新しい経済」のモデルを生み出..
2020年03月30日 15時04分
任天堂を対象とするコールが前日比5倍の大幅上昇を記録(30日10:49..
2020年03月30日 11時11分
(中国)上海総合指数は1.17%安でスタート、世界的リセッション懸念が..
2020年03月30日 10時49分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン