日経平均は続伸、米株最高値を受け3ケタの上昇

2020年01月10日 15時41分

日経平均は続伸。9日の米国市場ではNYダウなどの主要株価指数が揃って過去最高値を更新した。米イランの対立激化への懸念が後退したうえ、米中が貿易協議の第1段階の合意について15日にも署名する予定と伝わり、投資家心理が上向いた。本日の日経平均も米株高を好感して73円高からスタートすると、朝方には一時23903.29円(前日比163.42円高)まで上昇。3連休や米2019年12月雇用統計の発表を前に利益確定の売りが出て伸び悩む場面もあったが、結局3ケタの上昇で本日の取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比110.70円高の23850.57円となった。なお、オプション1月物の特別清算指数(SQ)は23857.19円。東証1部の売買高は10億9160万株、売買代金は2兆1678億円だった。業種別では、鉱業、医薬品、海運業が上昇率上位だった。一方、繊維製品、電気・ガス業、水産・農林業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の45%、対して値下がり銘柄は50%となった。

個別では、前日に決算発表した安川電<6506>と7&iHD<3382>が3%を超える上昇となった。安川電は朝方マイナスに転じる場面もあったが、売り一巡後は堅調に推移。
ファナック<6954>など他の設備投資関連株にも買いが波及した。その他売買代金上位ではソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、東エレク<8035>などが堅調。好決算のSHIFT<3697>や自社株買い発表の島忠<8184>、投資判断の新規付与が観測されたトプコン<7732>などは急伸し、ヤマシタヘルス<9265>は連日の大幅高で東証1部上昇率トップとなった。一方、業績下方修正のファーストリテ<9983>が2%超下落し、1銘柄で日経平均を約64円押し下げた。トヨタ自<7203>やキーエンス<6861>は小幅に下落。決算発表の乃村工芸<9716>やイオンモール<8905>は売りがかさんだ。また、象印マホービン<7965>などが東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は大幅に5日続落、肺炎懸念で一時21000円割れ、週間で220..
2020年02月28日 16時05分
日経平均は大幅に4日続落、終値ベースで22000円割れ、世界的な新型肺..
2020年02月27日 15時50分
日経平均は3日続落、新型肺炎拡大を嫌気するも下げ渋り
2020年02月26日 16時00分
日経平均は大幅に続落、新型肺炎拡大により世界的株安に、それでも押し目買..
2020年02月25日 15時26分
※こちらのコンテンツを削除いたします
2020年02月22日 16時22分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン