THK---直近のリバウンドから上方シグナルを発生させる

2020年01月17日 08時40分

昨年10月30日高値3305円をピークに調整が続いており、足元では支持線として意識されていた75日線を下回る局面もみられた。しかし、その後の急ピッチのリバウンドから75日線のほか25日線を突破。一目均衡表では雲を突破し、雲上限が支持線として機能している。遅行スパンは実線を上放れ、上方シグナルを発生させている。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「個別銘柄テクニカルショット」 のニュース一覧
城南進研---調整トレンドが一気に反転
2020年02月28日 14時08分
EduLab---ダブルボトム形成も意識されやすいところ
2020年02月28日 08時51分
ジャストシステ---短期シグナル悪化も中長期スタンスでの押し目拾いのタ..
2020年02月28日 08時41分
ブリッジ---26週線、52週線が支持線として意識
2020年02月27日 12時15分
レオパレス21---25日線が支持線として意識される
2020年02月27日 09時12分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン