NY原油:小幅反発、米石油掘削リグ稼働数の増加で上値重い

2020年01月18日 10時21分


NYMEX原油2月限終値:58.54 ↑0.02

17日のNY原油先物2月限は小幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は、前営業日比+0.02ドルの1バレル=58.54ドルで通常取引を終えた。米国の週次国内石油掘削リグ稼働数が4週間ぶりに増加したため、供給拡大を織り込む売りで上値の重い展開となった。



<TN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
個人投資家・有限亭玉介:売られた個別株…不死鳥として甦る銘柄とは?【F..
2020年02月29日 10時00分
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ブッダ氏:今仕込むべき遠隔..
2020年02月29日 09時30分
米国株式:まちまち、投資家の不安が強まる
2020年02月29日 09時17分
NY為替:米利下げを織り込むドル売り加速
2020年02月29日 07時27分
NY原油先物:大幅続落、米国株式の大幅続落を嫌気した売りが入る
2020年02月29日 07時21分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン