協和コンサルが急落、20年11月期は人的投資継続など響き営業減益見通し

2020年01月20日 10時05分

 協和コンサルタンツ<9647.T>が急落している。前週末17日の取引終了後に発表した20年11月期連結業績予想で、売上高65億円(前期比0.7%増)、営業利益2億6000万円(同4.2%減)、純利益1億円(同15.7%減)と減益を見込んでいることが嫌気されている。

 国土強靱化を受けて堅調な需要が持続すると予想しているものの、人的投資を継続することに加えて、再生可能エネルギー関連の取り組みに関して積極的に経営資源を投入することが利益を圧迫する見通し。

 なお、19年11月期決算は、売上高64億5500万円(前の期比9.1%増)、営業利益2億7100万円(同17.8%増)、純利益1億1800万円(同9.9%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<注目銘柄>=カナミックN、介護関連伸び最高益
KYCOMがストップ高カイ気配、官公庁版DX関連として急浮上
JKHDは反発、建築資材販売を行うティエフウッドを子会社化


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
週間ランキング【値上がり率】 (2月28日)
2020年02月29日 08時30分
週間ランキング【値下がり率】 (2月28日)
2020年02月29日 08時30分
週間ランキング【約定回数 増加率】 (2月28日)
2020年02月29日 08時30分
ログリーが5万株を上限とする自社株買いを発表
2020年02月28日 18時12分
OBARAGが20年9月期業績予想を下方修正
2020年02月28日 17時32分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン