保土谷は6日ぶり反発、機能性色素事業で新規事業創出を加速と報じられる

2020年01月20日 10時12分

 保土谷化学工業<4112.T>は6日ぶりに反発している。きょう付けの化学工業日報で、「機能性色素事業で新規事業の創出を加速する」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

 記事によると、複写機やプリンターに使用される有機光導電体材料や、有機ELの正孔輸送材で培った技術を、有機CMOSイメージセンサー材料や有機太陽電池材料に応用し新規事業を立ち上げるという。将来的に成長が見込まれる有機CMOSイメージセンサー材料に参入することで、今後の収益の柱となることが期待されているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
サイバーセキュリティー関連が軒並み高、東京五輪控えサイバー防衛に本腰◇
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
協和コンサルが急落、20年11月期は人的投資継続など響き営業減益見通し


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
週間ランキング【値上がり率】 (2月28日)
2020年02月29日 08時30分
週間ランキング【値下がり率】 (2月28日)
2020年02月29日 08時30分
週間ランキング【約定回数 増加率】 (2月28日)
2020年02月29日 08時30分
ログリーが5万株を上限とする自社株買いを発表
2020年02月28日 18時12分
OBARAGが20年9月期業績予想を下方修正
2020年02月28日 17時32分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン