ファミリー急落、第3四半期営業益29%減で通期計画進捗率57%

2020年02月10日 09時43分

 ファミリー<8298.T>が急落している。同社は7日取引終了後に、20年3月期第3四半期累計(19年4~12月)の単独決算を発表。営業利益は4億2700万円(前年同期比29.4%減)となり、通期計画7億5000万円に対する進捗率は56.9%にとどまった。

 売上高は100億6500万円(同5.1%減)で着地。主力の車両販売関連事業が消費税増税の影響などで苦戦したことなどが重荷となった。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<02月07日の出来高増加率20銘柄>
ソフトバンクグループは断トツの売買代金、決算発表を目前に思惑錯綜
ゴルドウインが急反発、第3四半期営業利益が通期計画上回る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ジンズメイトの20年3月期業績は計画下振れで着地
2020年05月28日 17時25分
DMG森精機は20年12月期業績予想の下方修正と減配を発表
2020年05月28日 17時18分
凸版の20年3月期業績は営業利益が計画上振れで着地
2020年05月28日 16時35分
三桜工の20年3月期は営業利益2.6倍で着地
2020年05月28日 16時22分
Kudanは朝高後、値を消す、国内有力証券は新規「A」でカバレッジ開始
2020年05月28日 14時58分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン