市進HD---一時反発、自宅での映像授業の視聴対応を改めて買い材料視

2020年03月09日 11時27分

一時反発。新型コロナウイルスの影響で生徒がグループの学習塾に通塾できない場合、自宅で映像授業「ウイングネット」を視聴し、カリキュラムを止めることなく学習を進められるよう対応すると2日に発表し、改めて買い材料視された。新型ウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、臨時休校が長期化した場合は自宅学習の需要が高まるとの見方が背景にあるようだ。株価は一時425円まで上昇したが、その後はマイナスに転じている。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「新興市場スナップショット」 のニュース一覧
INEST---大幅に反落、新株予約権11万個発行で希薄化懸念、調達資..
2021年01月21日 10時30分
東京通信---大幅に5日続伸、20年12月期の営業利益予想を上方修正、..
2021年01月21日 09時52分
識学---大幅に3日続伸、いちよし証券が新規に「A」、フェアバリューを..
2021年01月21日 09時28分
ウィルズ---大幅に反落、20年12月期の営業利益予想を上方修正も無配..
2021年01月20日 14時43分
データアプリ---一時ストップ高、21年3月期の営業利益予想を上方修正..
2021年01月20日 14時29分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
休憩中
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン