日経平均は大幅続落、原油安や円高で一時1200円超安、2万円割れ

2020年03月09日 16時12分

日経平均は大幅続落。6日の米国市場でNYダウは続落し、256ドル安となった。世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、景気後退への懸念が一段と高まった。また、産油国が減産交渉で決裂したことを受けて原油相場が急落。週明けの日経平均は406円安からスタートすると下げ幅を拡大する展開となった。朝方には節目の2万円をおよそ1年2カ月ぶりに割り込み、為替相場が一時1ドル=101円台後半まで円高に振れたこともあって、前引けにかけて19472.26円(前週末比1277.49円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比1050.99円安の19698.76円となった。東証1部の売買高は25億1847万株、売買代金は3兆4646億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、鉱業、銀行業、証券が下落率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の99%、対して値上がり銘柄は1%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>や三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>が10%超の下落。ソフトバンクGは世界的な株安や原油相場の急落で傘下の投資ファンドへの影響が懸念されたとみられ、メガバンク株は一段の金利低下が嫌気された。その他売買代金上位もファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>など軒並み大幅安。原油安で国際帝石<1605>やJXTG<5020>も売りがかさんだ。また、直近上場のカーブスHD<7085>や決算がネガティブ視されたHEROZ<4382>はストップ安水準で取引を終えた。一方、売買代金上位ではKDDI<9433>が逆行高。一部証券会社の投資判断引き上げが観測されたほか、ディフェンシブ性の高さから資金が向かったようだ。ニチレイ<2871>やエーザイ<4523>は2%超の上昇。また、ティーライフ<3172>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は5日ぶり小幅反落、米中対立懸念も後場一時プラス
2020年05月29日 15時53分
日経平均は大幅に4日続伸、需給主導の上昇相場が勢いづく
2020年05月28日 17時15分
日経平均は3日続伸、利益確定売りこなし後場強含み
2020年05月27日 16時11分
日経平均は大幅続伸、2カ月半ぶり21000円台回復で買い戻しも
2020年05月26日 15時52分
日経平均は3日ぶり反発、緊急事態宣言の解除見通しで、米休場で売買低調(..
2020年05月25日 16時57分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • KeitonさんがソフトバンクGの銘柄についてコメントしました。
    注文画面の時に表示されないことはあるけど、そういうことじゃな... (1分前)
  • Sudoooさんが学究社の銘柄についてコメントしました。
    良き (約5時間前)
  • wind kidsさんがマネフォワ-ドの銘柄についてコメントしました。
    ありがた (約6時間前)
  • tappyさんがキリンHDの銘柄についてコメントしました。
    2度目の上昇基調 75日線、25日線ともに超えてきている (約7時間前)
  • kaneswolfさんがNMFの銘柄についてコメントしました。
    試し買い。 出来高急増。 底からの上昇転換? (約8時間前)
  • もっと見る