日経平均は大幅続落、原油安や円高で一時1200円超安、2万円割れ

2020年03月09日 16時12分

日経平均は大幅続落。6日の米国市場でNYダウは続落し、256ドル安となった。世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、景気後退への懸念が一段と高まった。また、産油国が減産交渉で決裂したことを受けて原油相場が急落。週明けの日経平均は406円安からスタートすると下げ幅を拡大する展開となった。朝方には節目の2万円をおよそ1年2カ月ぶりに割り込み、為替相場が一時1ドル=101円台後半まで円高に振れたこともあって、前引けにかけて19472.26円(前週末比1277.49円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比1050.99円安の19698.76円となった。東証1部の売買高は25億1847万株、売買代金は3兆4646億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、鉱業、銀行業、証券が下落率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の99%、対して値上がり銘柄は1%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>や三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>が10%超の下落。ソフトバンクGは世界的な株安や原油相場の急落で傘下の投資ファンドへの影響が懸念されたとみられ、メガバンク株は一段の金利低下が嫌気された。その他売買代金上位もファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>など軒並み大幅安。原油安で国際帝石<1605>やJXTG<5020>も売りがかさんだ。また、直近上場のカーブスHD<7085>や決算がネガティブ視されたHEROZ<4382>はストップ安水準で取引を終えた。一方、売買代金上位ではKDDI<9433>が逆行高。一部証券会社の投資判断引き上げが観測されたほか、ディフェンシブ性の高さから資金が向かったようだ。ニチレイ<2871>やエーザイ<4523>は2%超の上昇。また、ティーライフ<3172>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は続落、決算で明暗分かれる、半導体関連が重し
2020年08月06日 16時19分
日経平均は3日ぶり反落、利益確定売り先行も下げ渋り
2020年08月05日 15時46分
日経平均は続伸、米株高など環境改善で一時400円超高
2020年08月04日 15時46分
日経平均は7日ぶり大幅反発、買い戻しで一時500円超高
2020年08月03日 16時02分
日経平均は大幅に6日続落、米景気悪化やコロナ拡大で600円超安
2020年07月31日 15時50分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
前場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
  • @専務さんがアスカネットの銘柄についてコメントしました。
    売りで・・・ (1分前)
  • @専務さんがワールドHDの銘柄についてコメントしました。
    売ってみようかな・・・ (3分前)
  • araiyukioさんが技研HDの銘柄についてコメントしました。
    ミッション消化注文 (6分前)
  • @専務さんがスクロールの銘柄についてコメントしました。
    売ってみる・・・ (7分前)
  • araiyukioさんがアップルの銘柄についてコメントしました。
    買い増しです。 (9分前)
  • もっと見る