日経平均は275円安でスタート、東エレクやソフトバンクGなどが下落

2020年03月17日 09時41分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;16726.95;-275.09TOPIX;1216.92;-19.42

[寄り付き概況]

 17日の日経平均は前日比275.09円安の16726.95円と大幅に続落で取引を開始した。
米国株式相場は大幅下落。過去2週間で3回目のサーキットブレーカー発動となった。NYダウが3000ドル近く下落した。米連邦準備制度理事会(FRB)が週末に緊急追加利下げでゼロ金利政策に踏み切り、量的緩和を再開することを発表したものの、大規模緩和が逆に投資家の恐怖感に繋がり寄り付きでサーキットブレーカーが発動する状況。
その後も、トランプ大統領が会見で、新型コロナウイルスによる危機が7-8月頃まで継続する可能性を警告すると、下げ幅を一段と広げ安値圏で引けている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比620円安の16220円。安いところでは15860円まで売られる局面もみられていた。円相場は1ドル106円20銭台で推移している。この流れから、本日の日経平均は大幅続落スタートとなった。下げ幅は一時600円を超えたものの、その後はやや下げ渋る展開となっている。

 業種別では、建設業、海運業、金属製品、不動産業、ゴム製品、保険業、ガラス・土石製品、鉱業などを筆頭に全業種がマイナスで推移している。売買代金上位では、コマツ<6301>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、リクルートホールディングス
<6098>、武田薬<4502>などがマイナスで推移。一方、NTTドコモ<9437>、オリエンタルランド<4661>、任天堂<7974>などがプラスで推移している。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「寄り付き概況」 のニュース一覧
日経平均は193円高でスタート、日立やリクルートHDが堅調
2020年05月28日 09時41分
日経平均は21円安でスタート、東エレクや出光興産が下落
2020年05月27日 09時53分
日経平均は186円高でスタート、JALやANAが堅調
2020年05月26日 10時01分
日経平均は265円高でスタート、ソフトバンクGやファーストリテが堅調
2020年05月25日 09時30分
日経平均は31円高でスタート、ソフトバンクGやソニーが堅調
2020年05月22日 09時44分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン