新興市場銘柄ダイジェスト:メドレックは大幅に3日続伸、共同PRがストップ高

2020年03月25日 16時11分

<2436> 共同PR 758 +100
ストップ高。上限12万株(1億円)の自社株買いを実施すると発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は3.0%。取得期間は4月1日-5月31日。経営環境に応じた機動的な資本政策をすることが目的。

<3418> バルニバービ 756 +81
急伸。NECキャピタルソリューションと共同出資して不動産SPCのエナビーを設立する契約を締結すると発表している。淡路島のエリア不動産開発を目的に開発資金を拠出する。バルニバービは淡路島でレストランを開業しており、エナビー設立で宿泊施設の建設推進を目指す。出資比率はバルニバービが50%(優先株)、NECキャピタルソリューションが50%(普通株)。

<5071> ヴィス -
公開価格(820円)を8.0%下回る754円で初値を付けた。会社設立は98年4月13日。事業の柱はオフィス空間の設計デザイン・施工を行うデザイナーズオフィス事業。20年3月期の営業利益予想は前期比6.2%減の8.63億円。働き方改革を受けてオフィス環境の変化に取り組む企業が増えてプロジェクト数の拡大につながった半面、売上原価が膨らみ減益となる見通し。第3四半期累計の実績は6.24億円だった。

<4586> メドレック 181 +13
大幅に3日続伸。国内出願中の「外観検査装置、外観検査方法、外観検査プログラム及びコンピュータで読み取り可能な記憶媒体並びに記録した機器」について、特許庁より特許査定の通知があったと発表している。今回の特許は、無痛経皮投与システムを確立するためのマイクロニードルアレイへ塗布した薬物やワクチン抗原の状態を検査する方法に関するもの。特許の有効期間は36年まで。

<4583> カイオム 178 +6
大幅に続伸。がん治療用抗体CBA-1205に関する治験計画届を医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出したと発表している。CBA-1205は肝臓がん、肺がんなどの固形がんの細胞表面に発現するタンパク質を標的とするヒト化モノクローナル抗体。PMDAによる初回治験計画届の30日調査が終了した後、治験実施施設での治験審査委員会による審査などを経て被験者登録・投与の開始に進む。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
前日に動いた銘柄 part2 ソフトバンクグループ、エムスリー、Jスト..
2020年07月04日 07時32分
前日に動いた銘柄 part1 オプティム、クスリのアオキホールディング..
2020年07月04日 07時15分
日本化 Research Memo(9):安定的配当を基本に適切な利益..
2020年07月03日 18時29分
日本化 Research Memo(8):社会での普及を見込む製品分野..
2020年07月03日 18時28分
日本化 Research Memo(7):前・中期経営計画最終年度の目..
2020年07月03日 18時27分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン