マザーズ指数は小幅に続落、中小型株物色みられるも経済停滞の懸念が下押し圧力、値上がり率トップはMRT

2020年04月02日 16時06分

 本日のマザーズ指数は、昨日に続き中小型株物色が散見されるも、経済停滞への懸念による全体相場の軟調さが重しとなり、もみ合った末に結局小幅に続落した。前日の米国市場では、米国政府が新型ウイルスによる死亡者数が10万~24万人に達するとの見通しを示したことなどから、企業収益にさらなる悪影響が及ぶとの懸念が高まった。加えて、3月ISM製造業景況指数などの経済指標も景気の悪化を裏付ける結果となり、主要指数は大きく下落。国内でも昨日には1日当たり過去最高の感染者数を観測しており、リスク回避の流れが継続する形で、東証1部の大型株も軟調となったが、コロナショックによるなりふり構わない投げ売り局面は一巡したとみられ、個人投資家の中小型株物色が入るかたちでマザーズ指数は堅調スタートとなった。ただ、依然として、新型コロナによるロックダウン(都市封鎖)や、これに伴う長期経済停滞への警戒感から、次第にセンチメントが悪化し、日経平均など主要指数が下げ幅を拡げるにつれて、マザーズ指数も次第に下落に転じていった。なお、売買代金は概算で794.30億円。騰落数は、値上がり129銘柄、値下がり183銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、オンライン診療の観点から引き続き注目が続いたMRT<6034>やWelby<4438>がそれぞれ22%超とストップ高をつけたほか、在宅勤務拡大に伴う新規受注の増大が確認されたクラウドワークス<3900>も21%超とストップ高を演じた。また、直近IPOとして物色されたNexTone<7094>も21%高と大幅上昇した。その他では、ソラスト<6197>
と医療領域のICT活用に関連した事業・サービスの提携等で包括的な業務提携契約を締結したソフトマックス<3671>や、ケアネット<2150>、サーバーワークス<4434>、SERIOホールディングス<6567>、FRONTEO<2158>などが値上がり率上位に並んだ。一方、子会社の事業休止が引き続き嫌気されたHANATOUR<6561>が15%超の下落でストップ安となったほか、短期急騰からの利益確定売りが優勢となったポート<7047>も13%超安と大きく反落した。その他では、AI CROSS<4476>、イード<6038>、和心<9271>、旅工房<6548>、メディカルネット<3645>などが値下がり率上位となった。


<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は反発、中小型株も物色意欲根強く、アディッシュなどストップ..
2020年05月27日 16時49分
マザーズ指数は反落、今年一番の大商い、247などストップ高
2020年05月26日 16時39分
マザーズ指数は年初来高値更新、アンジェス中心に主力は全般堅調
2020年05月25日 16時09分
マザーズ指数は6日ぶり小幅反落、日経平均軟化でも底堅く、FRONTEO..
2020年05月22日 16時56分
マザーズ指数は5日続伸、大型株こう着感強めるなか中小型株優位の展開、値..
2020年05月21日 16時29分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • sagacityさんが日ケミコンの銘柄についてコメントしました。
    。。。 (2分前)
  • sagacityさんが日製鋼の銘柄についてコメントしました。
    。。。 (4分前)
  • sagacityさんがヤマックスの銘柄についてコメントしました。
    。。。 (11分前)
  • ローランドさんが高島屋の銘柄についてコメントしました。
    吹き出した後は、必ず下がる法則。そして再突入が吉 (約1時間前)
  • Leeさんがコニカミノルタの銘柄についてコメントしました。
    そん切りしなくて良かたーw (約1時間前)
  • もっと見る