ノムラシステム Research Memo(3):配当性向40%以上で安定的に実施

2020年04月06日 17時03分

■ノムラシステムコーポレーション<3940>の株主還元

無借金経営であること及び事業規模に照らすと、キャッシュリッチな企業と見ることができる。2019年12月期の自己資本比率は89.2%と極めて高い。2019年12月期の配当は11円となったが、1対2株式分割を2019年8月1日付で実施しているので、前期実績22円配を事実上継続した。同社では配当性向を40%以上とし、安定配当を継続的に行う考えを明らかにしている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野文也)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
シンバイオ製薬---2Qは売上高が13.60億円、トレアキシン(R)の..
2020年08月06日 19時26分
日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は続落、東エレクとファナッ..
2020年08月06日 16時57分
【M&A速報:2020/08/06(2)】アサヒグループHD<2502..
2020年08月06日 16時42分
新興市場銘柄ダイジェスト:コックスは急騰、ロードスターがストップ高
2020年08月06日 16時23分
アクセル Research Memo(9):2020年3月期は2期ぶり..
2020年08月06日 16時09分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン