新明和工---ダブルボトム形成によって改めてリバウンド試す

2020年04月07日 08時38分

調整トレンドが継続。3月17日安値972円をボトムにリバウンドをみせ、いったんは25日線を突破したものの、その後の調整で安値に接近。ただし、安値圏での下げ渋る動きもみられており、ダブルボトム形成によって、改めてリバウンドを試す展開が意識されそうである。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「個別銘柄テクニカルショット」 のニュース一覧
大塚HD---リバウンド基調が強まる
2020年05月29日 12時57分
エムスリー---25日線が支持線として機能している
2020年05月29日 09時00分
FFRI---25日線が支持線として意識される
2020年05月29日 08時47分
アイサンテクノ---堅調、前日の上ヒゲ水準での底堅い展開
2020年05月28日 13時11分
ピアラ---25日、75日線とのゴールデンクロス示現
2020年05月28日 08時48分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン