<注目銘柄>=トーメンデバ、NAND型フラッシュメモリー好調

2020年04月07日 10時01分

 トーメンデバイス<2737.T>の時価近辺は仕込み場とみられる。株価は3月27日に3635円の戻り高値をつけた後、全体相場波乱に巻き込まれて急反落となったが、3000円大台を割り込んだ水準では押し目買いニーズも強く、再浮上の機をうかがう展開が想定される。

 同社は、半導体などを中心に取り扱うエレクトロニクス商社で、韓国サムスン製品の占める比率が高い。データセンター向け主力にNAND型フラッシュメモリーが好調で全体業績を牽引、国内でも商用サービスがスタートした5Gでは、これに対応したスマートフォン新機種の販売で商機を捉え、21年3月期業績に反映させる公算が大きい。21年3月期は新型コロナウイルスの影響を受けても増収増益の確保が有力視されている。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
7日韓国・KOSPI=寄り付き1826.72(+34.84)
ニトリHDはマドを開けて急反発、21年2月期業績も最高益更新の見込み
チェンジが大幅続伸、東京地下鉄向けに有事対応時情報共有の専用アプリを開発


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース コラム」 のニュース一覧
<注目銘柄>=チャットW、テレワーク利用拡大で登録ID増加中
2020年05月27日 10時02分
<注目銘柄>=不動テトラ、好業績・割安で建設ICT化で商機つかむ
2020年05月26日 10時03分
<注目銘柄>=SHIFT、今期業績に上振れ期待も
2020年05月25日 10時00分
<注目銘柄>=デジハHD、中長期的な成長力高く買い妙味
2020年05月22日 10時01分
<注目銘柄>=東亜建、23年3月期営業益102億円を目指す
2020年05月21日 10時00分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン