ケイヒンが一時14%高、業務効率化が奏功し20年3月期営業利益を上方修正

2020年04月30日 09時37分

 ケイヒン<9312.T>は急伸し、一時前日比13.9%高の1310円に買われる。28日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、営業利益を15億円から19億円(前の期比14.9%増)へ、純利益を10億5000万円から14億円(同15.4%増)へ上方修正したことが好感されている。

 売上高は480億円から475億円(同4.1%減)へ見直したものの、業務効率化によるコスト削減を図ったことなどが奏功し利益を押し上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ケイヒンは20年3月期営業利益を上方修正
ASJは3日ぶり反発、クラウドグループウェアサービスを無償提供
<個人投資家の予想> 04月30日 09時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ベクトルが3日続伸、DXを進めるためのツール検索及び情報サイトを正式オ..
2020年10月20日 14時40分
Gunosyが急反落、国内有力証券が投資判断を引き下げ
2020年10月20日 14時24分
MDVは一段高、オンライン診療システム「オンラインドクターバンク」を2..
2020年10月20日 14時20分
大冷が後場急動意、粗利率改善や経費縮小が想定上回り上期業績は計画上振れ
2020年10月20日 14時18分
IDOMが3日ぶり反発、国内有力証券が目標株価を750円へ引き上げ
2020年10月20日 14時04分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
後場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン