ワンダコーポがS高、20年3月期営業利益は大幅拡大で着地

2020年06月01日 14時43分

 ワンダーコーポレーション<3344.T>はストップ高の682円に買われている。5月29日に20年3月期連結決算を発表しており、営業利益12億7700万円、最終利益9億7800万円と大幅増益となり、19年3月期は13カ月の変則決算のため比較はないものの、前期の営業利益4億5300万円に対して大幅な増益となることを好感した買いが入っている。台風などの自然災害や消費税増税に加えて、新型コロナウイルス感染症の影響による販売店舗の休業などで売上高は612億700万円と減収を余儀なくされた。ただ、ゲームなどパッケージ商材や本を中心とした巣ごもり商材への需要が高まっている。なお、21年3月期業績予想は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大による業績への影響を現時点では合理的に算定することが困難であるため未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 06月01日 14時
大木ヘルスが急反落、20年3月期2ケタ営業増益も材料出尽くし
FCHDが後場大幅高、期末一括配当を5円増額して25円へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
イルグルム、第3四半期営業利益4.8倍で通期復配見通し
2020年08月05日 18時13分
シャープ、未定としていた21年3月期の純利益は2.4倍増見通し
2020年08月05日 17時44分
レーザーテック、21年6月期は営業2ケタ増見通し
2020年08月05日 17時25分
デジアーツが3日続伸、国内有力証券は目標株価1万1000円に
2020年08月05日 14時55分
タクマが後場急伸、国内環境・エネルギー事業が牽引し第1四半期営業利益7..
2020年08月05日 14時32分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン