グリムスが反発、非開示だった21年3月期経常は7%増で最高益見通し

2020年06月02日 09時21分

 グリムス<3150.T>が反発している。1日取引終了後に非開示だった21年3月期の連結業績予想を発表。売上高168億5300万円(前期比8.8%増)、経常利益23億1800万円(同6.9%増)に伸び、いずれも過去最高を更新する見通しとなったことが好材料視された。

 今期はエネルギーコストソリューション事業が収益をけん引する。電子ブレーカーの販売拡大を主軸に、LED照明や業務用エアコンなどの省エネ設備をクロスセルで販売する計画だ。また、急成長の原動力となってきた小売電気事業は大幅増収を継続する一方、天候要因による電力調達価格の上昇が重しとなりセグメント利益は10%減益を見込む。併せて、経済産業省の「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業」に採択されたことを明らかにした。同実証事業には18年度から参画し、今年度が最終年度になるという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
テクマトが急騰、6月末を基準日に1株を2株に株式分割へ◇
明光ネットが大幅反発、155万株を上限に自社株買いを実施
アーレスティはカイ気配スタート、20年3月期営業利益増額受け買い戻し誘発


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
Icon4?id=821517

エー 日経¥22,500超え見えた? いくらなんでも まだ でしょ?
10万給付もまだダヨ?

0
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ドーンの21年5月期は2ケタ営業増益で1円増配へ
2020年07月09日 17時58分
ミクロンが20年8月期業績予想を下方修正
2020年07月09日 17時33分
ファストリが20年8月期業績予想を下方修正
2020年07月09日 16時52分
島忠の第3四半期は営業利益3%減
2020年07月09日 16時42分
セブン&アイ、21年2月期営業24%減益見通しも配当予想は前期実績と同..
2020年07月09日 16時36分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン