大同信号が反発、20年3月期決算は2ケタ減益も計画を上回って着地

2020年06月04日 12時45分

 大同信号<6743.T>が反発している。3日の取引終了後に発表した20年3月期連結決算は、売上高249億4200万円(前の期比0.5%増)、営業利益19億8100万円(同10.6%減)、純利益15億6500万円(同12.4%減)と2ケタ営業減益となったものの、従来予想の営業利益18億円を上回って着地したことが好感されている。

 鉄道信号関連事業で、運行管理システムなどのシステム製品及び連動装置・軌道回路などのフィールド製品が減少した一方で、産業用機器関連事業で航空機ストップバー灯システム・情報通信器などが増加し業績を牽引した。

 なお、21年3月期業績予想は、新型コロナウイルス感染症の影響から、現時点では合理的な算定が困難であるとして未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ライトアップが後場一時プラスに転じる、住信SBIネット銀行と業務提携
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は後場マイナス転換
レオパレス21が急反落、20年3月期最終損益を803億円の赤字に下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
北越コーポ、投資有価証券売却益の計上などで21年3月期純利益予想を上方..
2020年09月30日 17時26分
M&Aキャピ、20年9月期見通しを減収減益に下方修正
2020年09月30日 17時24分
オークワ、21年2月期営業を83%増益見通しに上方修正
2020年09月30日 16時55分
アクシスは2461円カイ気配で上場初日の取引を終える
2020年09月30日 15時07分
ヘッドウォは上場2日目もカイ気配で取引を終える
2020年09月30日 15時06分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン