新興市場銘柄ダイジェスト:AIinsideは急反発、ANAPがストップ高

2020年06月05日 16時18分

<2702> マクドナルド 5870 +40
年初来高値。5月の既存店売上高が前年同月比15.2%増になったと発表、伸び率は前月から拡大し2カ月連続のプラス。客数は20.7%減、客単価は45.3%増。全店ベースの売上高は15.4%増だった。複数人数分の注文が多い持ち帰りやドライブスルー、デリバリーの利用が増え、客単価が伸びた。また、緊急事態宣言の解除を受けて店内客席の利用を順次再開している。

<4488> AIinside 27870 +2100
急反発。テレビ朝日ホールディングス<9409>傘下のテレビ朝日と共同開発した「AIとVideo OCRによるリアルタイム日本語変換システム」が映像情報メディア学会の2019年度技術振興賞コンテンツ技術賞を受賞したと発表している。同システムは、海外スポーツ中継の国際映像で表示される英語の選手名CGを自動的に日本語の選手名CGへ変換する。システムの導入が広がるとの期待が先行しているもよう。

<4598> DELTAーP 2281 +29
小幅高。東証は5日から同社株の信用取引に係る委託保証金率を50%に引き上げており、株式需要ではマイナス材料となるが、開発を進めている抗がん剤への期待強く、下げたところでは押し目買いが入っているもよう。また本日もバイオ関連株は強い動きを示している銘柄が複数みられ、これらの動きも同社株のサポート要因になっていると思われる。

<6031> サイジニア 1425 +182
一時ストップ高。特定のビジネスユーザーを推定してネット広告をターゲティング配信するサービス「デクワス.AD Biz」を開始したと発表している。「売上10億円以上の首都圏の事業所に勤務し、テレワーク中のユーザー」などを推定して広告を配信できるという。ランドスケイプ(東京都新宿区)が提供する日本最大級の企業データベース「LBC」と連携する。

<2121> ミクシィ 1744 -21
3日続落。大和証券が投信判断を「3(中立)」に据え置き、目標株価を2050円から1800円に引き下げている。同証券では「モンスターストライクが業績と株価を左右」するとした上で、「減収減益傾向は続くと見込まれる」との見方を示している。

<3189> ANAP 437 +80
ストップ高。通販サイト「ANAPオンラインショップ」でメルカリ<4385>傘下のメルペイ(東京都港区)と連携すると発表している。フリマアプリ「メルカリ」のスマートフォン決済サービス「メルペイ」を活用した「かんたん出品連携」機能を導入した。メルペイの支払画面で購入商品を持ち物一覧に追加することで、商品情報が自動的に入力され、メルカリでの出品がスムーズになるとしている。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
前日に動いた銘柄 part1 Aiming、保土谷化学工業、TAKAR..
2020年07月09日 07時15分
日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は続落、ソフトバンクGとフ..
2020年07月08日 18時03分
アセンテック---株式分割及び定款の一部変更、株式分割に伴う配当予想の..
2020年07月08日 17時54分
新興市場銘柄ダイジェスト:あさくまは大幅に反発、買取王国がストップ高
2020年07月08日 16時49分
【M&A速報:2020/07/08(2)】東急建設、BIM設備設計会社..
2020年07月08日 16時38分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン