日経平均は反落、利益確定売り優勢で軟調もみ合い

2020年06月17日 15時51分

日経平均は反落。16日の米国市場でNYダウは大幅に3日続伸し、526ドル高となった。5月小売売上高が過去最大の伸びを記録したうえ、トランプ政権が1兆ドル規模のインフラ支出を検討していると報じられ、好感した買いが入った。ただ、日経平均は前日に米株高を見越して1000円超上昇していたため、本日は利益確定売り優勢で65円安からスタート。朝方に一時22318.07円(前日比264.14円安)まで下落したが、その後はNYダウ先物の時間外取引での動向などを睨みつつ、マイナス圏でもみ合う展開となった。

大引けの日経平均は前日比126.45円安の22455.76円となった。東証1部の売買高は11億7698万株、売買代金は2兆1759億円だった。業種別では、空運業、陸運業、繊維製品が下落率上位だった。一方、情報・通信業、精密機器、その他製品が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の56%、対して値上がり銘柄は40%となった。

個別では、トヨタ自<7203>や三菱UFJ<8306>などのメガバンク株が軟調で、米食品医薬品局(FDA)の警告書公表が嫌気された武田薬<4502>は2%超の下落。ファーストリテ<9983>は小安く引けた。米炭素繊維事業の生産能力削減が報じられた東レ<3402>や、一部証券会社の投資判断引き下げが観測された西武HD<9024>はやや下げが目立った。また、東邦システム<4333>などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、ソフトバンクG<9984>が売買代金トップで5%の上昇。保有する米TモバイルUS株の一部を来週初に売却すると報じられている。その他売買代金上位では任天堂<7974>、ソニー<6758>、レーザーテック<6920>などが堅調で、ZHD<4689>は5%超の上昇。また、DLE<3686>やノムラシステム<3940>がストップ高を付け、防衛関連の石川製<6208>も東証1部上昇率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は小幅反発、米大統領選討論会を通過しても上値重く
2020年10月23日 15時55分
日経平均は反落、米経済対策やコロナワクチンの行方に懸念
2020年10月22日 16時05分
日経平均は反発、イベント控え引き続き薄商いのなか膠着感の強い展開
2020年10月21日 15時59分
日経平均は反落、一時プラス浮上も薄商いで戻り鈍く
2020年10月20日 15時57分
日経平均は3日ぶり反発、米経済改善や対策進展に期待
2020年10月19日 16時14分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン