個別銘柄戦略:ソニーやダイキンに注目

2020年07月02日 09時03分

1日の米国市場では、NYダウが77.91ドル安の25734.97と下げたが、ナスダック総合指数が95.86pt高の10154.63、シカゴ日経225先物が大阪日中比95円高の22185としっかり。2日早朝の為替は1ドル=107円40-50銭(昨日大引け時は107.60円付近)。本日の東京市場では、6月の米ISM製造業指数が52.6と、景気判断の分かれ目となる50を上回ったことで、ソニー<6758>、ホンダ<7267>など米国依存度の高い銘柄を中心に買いが優勢となろう。ただ、国内にあっては新型コロナウイルス感染者数の再増加傾向が圧迫材料となり、KDDI<9433>、リクルートHD<6098>など内需大型銘柄が弱含みを強いられよう。
一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された東洋水産<2875>、日清食HD<
2897>、神戸物産<3038>、塩野義<4507>、ダイキン<6367>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
新興市場見通し:外部環境不透明でも反騰に向け準備着々、IPOも好調維持
2020年10月31日 15時08分
為替週間見通し:もみ合いか、米大統領選やFOMCなど重要イベントで乱高..
2020年10月31日 14時56分
ユーロ週間見通し:伸び悩みか、ECB追加緩和観測が上値を抑える要因に
2020年10月31日 14時55分
豪ドル週間見通し:弱含みか、豪準備銀行は小幅利下げの可能性
2020年10月31日 14時54分
英ポンド週間見通し:弱含みか、景気回復ペース鈍化懸念でポンド買い縮小も
2020年10月31日 14時53分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン