凸版印---75日線が支持線として意識されやすい

2020年07月06日 08時45分

5月半ば以降のリバウンドで75日線を突破し、5月下旬に付けた戻り高値1963円をピークにこう着が続いていたが、25日線割れから調整が強まっている。ただし、75日線が支持線として意識されやすく、自律反発を意識したスタンスになりそうだ。一目均衡表では雲上限が支持線として意識されやすい。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「個別銘柄テクニカルショット」 のニュース一覧
ライト工---一気に25日線を上放れ、6月高値に接近
2020年08月07日 14時12分
アルペン---1500円割れを目先底にややリバウンド基調
2020年08月07日 08時37分
近鉄エクス---6月戻り高値高値突破からの1月高値を意識
2020年08月07日 08時36分
Sansan---25日、75日線処が支持線として機能
2020年08月06日 13時10分
シャープ---直近のボトム水準からのリバウンド
2020年08月06日 08時46分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン