(中国)上海総合指数は0.15%安でスタート、米中対立への懸念が高まる

2020年07月16日 10時46分

16日の上海総合指数は売り先行。前日比0.15%安の3356.359ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時39分現在、0.42%安の3347.068ptで推移している。香港問題などを巡る米中対立への懸念が高まっていることが指数の足かせに。また、最近の上昇で足元では高値警戒感が引き続き強い。このほか、4-6月期の国内総生産(GDP)などがきょう16日日本時間午前11時に発表される予定となり、見極めるムードが強い。



<AN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 経済総合」 のニュース一覧
中国のA2/ADに対抗する米海軍等の作戦構想【フィスコ世界経済・金融シ..
2020年08月07日 14時26分
NY金は2000ドル定着へ サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
2020年08月07日 12時47分
韓国200種株価指数を対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランク..
2020年08月07日 12時45分
米国雇用統計:6月の振り返りと7月のポイント「2つのシナリオパターン」..
2020年08月07日 12時03分
(中国)上海総合指数は0.47%安でスタート、経済指標発表前に神経質
2020年08月07日 11時02分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン