アメリカ企業による香港の見方、目先冷静も中期的には懸念【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

2020年07月16日 18時09分

7月13日に香港米商工会議所による「AmCham Temperature Survey Findings : National Security Law」が公表された。在香港の米国企業183社を対象として、国家安全法に対する見方を質問したものであり(調査期間は7月6~9日)、6月1~2日に実施された調査(「国家安全法と香港の事業環境」)(※)に続くものである。全会員のうち回答率は15%と、必ずしも全体の傾向を表していない可能性もあろうが、香港の足元の事業環境を理解するには貴重な調査結果である。

それによると、全体の76%が国家安全法に懸念を示した(41%が非常に強い懸念、37%が若干の懸念)。また、過去1ヵ月では、68%が「懸念を強めた」とのことである。「個人的に香港を離れるか」という質問に対しては、7%が「近いうちに離れる」、48%が「中長期的に離れる」と回答した。前回調査では「個人的に香港を離れるつもりはない」という回答は62%であったが、今回は48%に低下した。

国家安全法の成立などを踏まえて、「引き続き様子見」という回答が67.8%と最多であった(前回は香港の優遇政策見直しを受けて、74%が「様子見」と回答)。また、64%が香港からの移管はないと回答。「金融センターとしての香港のゲームチェンジャーになるか」という質問については、45.9%が「Yes」と回答した。目先の冷静さは保たれているものの、中期的な懸念は一段と強まりつつあると見られる。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※:https://web.fisco.jp/platform/market-news/0009330020200618003



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 経済総合」 のニュース一覧
(中国)上海総合指数は0.67%高でスタート、経済指標の上振れを好感
2020年08月03日 11時01分
米ドルリンク債を対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランクイン(..
2020年08月03日 10時33分
NYの視点:今週の注目:米追加財政策、7月雇用統計、ISM製造業・非製..
2020年08月03日 07時38分
欧米の注目経済指標:7月非農業部門雇用者数の増加幅は大幅縮小も
2020年08月01日 15時07分
米ドルリンク債を対象とするプット型eワラントが上昇率上位にランクイン(..
2020年07月31日 11時23分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン
  • CiPHERさんが三井物の銘柄についてコメントしました。
    n−陽−95−逆 (約1時間前)
  • CiPHERさんがIDOMの銘柄についてコメントしました。
    ク−97−売−逆 (約1時間前)
  • CiPHERさんがSUMCOの銘柄についてコメントしました。
    ク−売−95−逆 (約1時間前)
  • CiPHERさんがプロトコーポの銘柄についてコメントしました。
    n−陰−95−逆 (約1時間前)
  • CiPHERさんがエスプールの銘柄についてコメントしました。
    n−陰−100−逆 (約1時間前)
  • もっと見る