マザーズ先物概況:小幅反落、東証1部企業の決算悪化が重し

2020年07月31日 16時45分

31日のマザーズ先物は前日比2.0pt安の937.0ptとなった。なお、高値は943.0pt、安値は919.0pt、取引高は7294枚。本日のマザーズ先物は、軟調な海外市場や東証1部企業の決算悪化を受けて、個人投資家のリスクセンチメントが低下し反落してスタートした。東京都の小池知事が飲食店やカラオケ店に対してコロナ感染防止のための自粛要請や、本日の東京都の新規感染者が400名を超えるとの報道があったことから、時価総額上位のアンジェス<4563>、BASE<4477>、メルカリ<4385>などの巣ごもりやワクチン関連が物色されたことで、マザーズ先物も一時はプラスに転じる場面があった。しかし、東証1部企業の決算悪化を受けて、クラウド関連業務の業績懸念が高まり 時価総額上位のフリー<4478>や弁護士ドットコム<6027>などが下落しマザーズ先物の上値を抑え小幅安で取引を終了した。

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
東証業種別ランキング:鉱業、鉄鋼が下落率トップ
2020年09月23日 16時20分
東京為替:ドル・円は変わらず、ポンド売りは一服
2020年09月23日 16時17分
想定以上に底堅い相場展開に【クロージング】
2020年09月23日 16時08分
大阪金概況:大幅に下落、ドル相場堅調で資金流出の動きも
2020年09月23日 16時05分
日経VI:上昇、懸念材料多く市場心理好転せず
2020年09月23日 16時00分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン