ペプドリしっかり、米レイズバイオ社とペプチド放射性医薬品を共同研究開発へ

2020年08月05日 09時59分

 ペプチドリーム<4587.T>がしっかり。4日の取引終了後、米レイズバイオ社(カリフォルニア州)とペプチド-放射性核種薬物複合体(ペプチド放射性医薬品)の創製に関する戦略的共同研究開発契約を締結したと発表しており、これが好感されている。

 今回の契約締結により、ペプドリは両社で選定した標的分子に対し、独自の創薬開発プラットフォームシステム「PDPS」を用い、複数のプログラムでペプチド薬物複合体として使用する新たなペプチドの同定及び最適化を実施する。一方、レイズバイオ社は、それらペプチドを用いたペプチド放射性医薬品に関する全世界での開発及び商業化の独占的な権利を有するという。これに伴い、ペプドリはレイズバイオ社から契約一時金として一部株式を受け取るほか、今後、開発及び商業化の進捗に合わせてマイルストーンや、製品化後は売り上げ金額に応じたロイヤルティーを受け取ることになるが、金額については非開示としている。なお、20年12月期業績への影響は軽微としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ペプドリが米レイズバイオ社とペプチド放射性医薬品に関する戦略的共同研究開発契約を締結
5日韓国・KOSPI=寄り付き2289.23(+9.26)
ファンケルが9月中間期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ベクトルが3日続伸、DXを進めるためのツール検索及び情報サイトを正式オ..
2020年10月20日 14時40分
Gunosyが急反落、国内有力証券が投資判断を引き下げ
2020年10月20日 14時24分
MDVは一段高、オンライン診療システム「オンラインドクターバンク」を2..
2020年10月20日 14時20分
大冷が後場急動意、粗利率改善や経費縮小が想定上回り上期業績は計画上振れ
2020年10月20日 14時18分
IDOMが3日ぶり反発、国内有力証券が目標株価を750円へ引き上げ
2020年10月20日 14時04分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン