東京エネシスが大幅続伸、原価低減効果で第1四半期営業利益は2.9倍

2020年08月05日 11時24分

 東京エネシス<1945.T>は大幅続伸。4日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、営業利益6億9100万円(前年同期比2.9倍)、純利益5億1800万円(同2.4倍)と大幅増益となったことが好感されている。

 原子力発電所の安全対策工事が進捗したものの、太陽光発電設備及び火力発電設備の建設工事などの減少が響き、売上高は126億2200万円(同10.1%減)となった。ただ、原価低減に努めたことに加えて、変動率の高い工事が少なかったことなどが利益拡大に寄与した。

 なお、21年3月期通期業績予想は、売上高660億円(前期比0.8%減)、営業利益39億円(同0.5%減)、純利益26億円(同9.4%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
トランスコスが3連騰、三菱UFJ証券が目標株価3600円に増額
5日中国・上海総合指数=寄り付き3363.3324(-8.3551)
5日香港・ハンセン指数=寄り付き25029.39(+82.76)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
サツドラHDの第1四半期営業損益が黒字転換
2020年09月18日 16時49分
北越メが21年3月期業績予想を上方修正
2020年09月18日 16時46分
JCRファのハンター症候群治療酵素製剤がオーファンドラッグに指定
2020年09月18日 16時45分
Jテック・Cが9月28日付で東証1部へ市場変更
2020年09月18日 16時42分
マルマエの8月度受注残高は前年同月比7.3%増
2020年09月18日 16時39分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン