シンバイオ製薬---2Qは売上高が13.60億円、トレアキシン(R)の自社販売体制の構築が計画通りに進捗

2020年08月06日 19時26分

シンバイオ製薬<4582>は5日、2020年12月期第2四半期(20年1月-6月)決算を発表した。売上高が前年同期比32.1%減の13.60億円、営業損失が18.39億円(前年同期は20.15億円の損失)、経常損失が18.83億円(同20.69億円の損失)、四半期純損失が18.84億円(同20.69億円の損失)となった。

国内事業は、トレアキシン(R)の自社販売体制における全国営業組織の構築を計画通り完了した。また、東西物流センターを軸とする流通及び物流機能の整備に加えてERP等情報システムを含めた社内インフラの整備についても、総仕上げの段階へと着実に前進している。

海外事業は、トレアキシン(R)が韓国、台湾、シンガポールにおいても販売されており、製品売上は計画通りに推移した。

新規開発候補品の導入は、2019年9月に導入した抗ウイルス薬ブリンシドフォビルのグローバル開発計画の推進に当面は注力するものの、従来からの取り組みである常時複数のライセンス案件の検討と新薬開発候補品のライセンス権利取得に向けた探索評価の継続的な実施を通じて、収益性と成長性を兼ね備えたバイオ製薬企業として長期的な事業価値の創造を目指すとしている。

2020年12月期通の業績予想については、売上高が前期比20.0%増の34.04億円、営業損失が50.90億円、経常損失が51.34億円、当期純損失が48.03億円とする期初計画を据え置いている。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
前日に動いた銘柄 part2 チェンジ、神戸物産、東邦金属など
2020年09月26日 07時32分
前日に動いた銘柄 part1 SGホールディングス、エル・ティー・エス..
2020年09月26日 07時15分
オルビス、AI分析で似合う眉の形と手入れ方法を提案 アプリ内でサービス..
2020年09月25日 17時31分
日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は3日ぶり反発、ファー..
2020年09月25日 17時02分
【M&A速報:2020/09/25(2)】ソフトバンクG投資先の米ウィ..
2020年09月25日 16時45分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン